単気筒やvツインエンジンのバイクパーツ

現在のバイクは原付でも4ストロークエンジンを採用しています。4ストロークエンジンは2ストロークエンジンと比べるとパワーとトルクの面で劣ります。しかし、トルクは少なくても低回転でのトルクがあるので乗り易さの面では勝ります。また、燃費も良いです。最もバイク人口が多いとされる250ccクラスのエンジンは基本的に単気筒やVツインがメインです。バイクは基本的に気筒数が多いと低速トルクが細くなるため、乗りづらくなってしまいます。その為排気量の低い250ccクラスは気筒数が少ないエンジンがメインになっています。上記のように気筒数が少ないと実用性はあっても、パワーが少ないです。しかし気筒数が少なくてもカスタム次第では多気筒エンジンに充分太刀打ち出来る性能を秘めています。エンジンは高回転まで回すとよりパワーが出ます。気筒数が少ないと、高回転まで回りません。その為にバルブを開閉するカムの角度を変えたり、軽量化することで高回転域でパワーが出ます。このカスタムは数字が大きいほど低速トルクがなくなる為、程々にしましょう。気筒数が少ないと構造も単純な為事前に勉強しておけば自分でも交換できます。もう少し凝るとミッションにも手を入れることも出来ます。純正のミッションは実用性や燃費を考慮してローギアードです。

これをハイギアードのミッションと交換すると、シフトチェンジの時に回転の落ち込みが少なくなる為、パワーを有効に使うことが出来ます。また、パワーを上げるとクラッチが滑ったりしてパワーを発揮できなくなるので強化クラッチなどに交換する必要があります。このようにバイクの馬力を上げるとエンジンに負担が掛かり、熱量も増えてしまいます。これを解消するのがオイルクーラーです。基本的に単気筒エンジン車は空冷なので、パワーを上げた場合は必須になります。

オイルクーラーは種類がありますが、これはエンジンの仕様に合わせて選択しましょう。度合いに合わない物を選択するとかえってパワーが低下してしまいます。この他にもオイルポンプの吐出量を上げる物や、エンジン内部の内圧を抜き出すパーツなどもあります。カスタムも度が過ぎるとバイクを壊しかねないので、やりすぎは禁物です。サーキットユースならば大丈夫ですが、街乗り仕様ですと不意にエンジンが故障してしまったりします。単気筒エンジンやVツインエンジンは4気筒エンジンなどとは使用するバイクパーツが違います。単純なエンジンですが意外と奥が深く、多気筒エンジンよりも泥沼にはまりやすいので注意が必要です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*