パチンコは大田区が充実

大田区でパチンコを楽しむ

バイクバッテリーの大きさや交換についての知識

バイクバッテリーは基本的に車より小さいです。バッテリーとは車のライトをつけたりエンジンを回すモーターを動かしたりします。基本的にはエンジンを最初に回すスターターモーターの大きさやパワーによってバッテリーの容量も変わります。ですのでエンジンが大きくなればなるほどバッテリーも大きくなるのです。ですのでエンジンの小さなバイクほどバッテリーは小さくなります。バイクのバッテリーは意外と高価なものです。バイクのバッテリー切れはよくあるものです。ですが車と違ってキックスターターというものがついているものが多いのでバッテリーが上がってしまっても急に困ることはありません。バイクのバッテリーを変える余裕が出たらバッテリー交換をしましょう。自分で交換が出来るようであればインターネット等で安く売っているケースがおおいのでそれらを使うと安く交換が出来ます。

バイクバッテリーはカーショップでも売っています。

カーショップやホームセンターなどでバイクバッテリーは購入が可能です。ただし乗用車のように安く販売されていることはまずありません。乗用車用のバッテリーなら、特価で2000円を切る価格でも販売されています。最近は少し高くなっていますが、それでも3000円出せばまず見つけることが可能です。ところがバイク用のバッテリーは最低でも7000円前後はするのです。バッテリーが上がると、エンジンを掛けることは車以上に大変です。一番良いのは小型の充電器を一つ持っている事です。大型のモノである必要はありません。2千円ほどのモノで十分です。充電容量も小さくても問題はありません。一晩掛けて充電が出来るモノであれば十分だと言えます。これを一台持っていると、バッテリが上がったときに焦ることはなくなります。バイクのバッテリーは簡単に上がってしまうので、充電器を一台持っていると大変安心出来るのです。

バイクバッテリーはこまめにチェック

バイクバッテリーはこまめにチャックしないと大変なことになります。車も同じですが、急にバッテリーが悪くなりエンジンがかからなくなることがあります。しかも、バイク用のバッテリーは結構高額なのでできるだけメンテナンスをして長持ちするように頑張ったほうがいいと思います。とくに、短距離ばかりを走っていると充電が間に合わなくなり、上がってしまうことがあります。冬など使わないときには満タン充電しておくことがポイントです。わたしは、そのあとバイクから外して置くようにしています。それだけでも結構長持ちします。後は、抜釘リーの充電器を買っておいて時々充電することにより、長持ちします。一度上げてしまったからでは消耗が激しくなってしまいます。しかも、容量も小さいので電装品を付けているとあっという間になくなってしまいます。

12月 19th, 2012 at 6:04 pm

Posted in